イソフラボンは豆乳で摂るのが効果的?

  • 豆乳
前へ
次へ

イソフラボンは豆乳で摂るのが効果的?

ベジタリアンが流行していたり、健康志向が高まっていたりする中で、豆乳を愛飲する人が増えています。
豆乳は、大豆から作られているためイソフラボンも豊富に含まれていますし、他にも体に良い成分が多く含まれており健康に良いものと言われています。
特に、ビタミンB群やE群といったホルモンバランスの崩れを調整したり分泌を活発にするといった美容に良い成分が多く含まれているため、美肌やバストアップの効果があるのです。
そして、大豆イソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする成分が含まれているため、生理の周期を整えたり更年期障害を和らげたりする効果が得られます。

このような、イソフラボンやビタミン類を摂取するために、女性は特に大豆食品を積極的に食べると良いとされています。
しかし、豆腐やきなこ、味噌といった大豆食品からの摂取をするよりも、豆乳からの摂取の方が効果が高いと言われています。
食品で摂取をすると、消化や吸収しきれない成分が残ってしまい便となって排出されてしまいます。
それに対して、豆乳は体内で消化吸収できる量が食品での摂取よりも多いですし、含まれている栄養成分も多いため、より多く栄養成分を得ることができるのです。

そして、豆乳は食品での摂取よりも手軽に行えるという点があります。
大豆食品を食べる場合には、加工や調理が必要である場合が多くあります。
簡単な料理で冷奴もありますが、毎日食べると飽きてしまいますし、寒い季節には体を冷やしてしまいます。
それに対して、豆乳はコップ1杯飲めば1日に必要な量を摂取することができるため、朝起きて出かける前に飲むだけで十分な摂取量を得ることができます。
そのまま飲むことが苦手な場合には、グリーンスムージに豆乳を入れるレシピもたくさん出ていますし、コーヒーに混ぜたりシリアルにかけて食べたりという方法もあります。
また、寒い季節には少し温めてホットで飲むことも可能ですので続けやすくおすすめです。

ページのトップへ戻る