ニキビ肌にはイソフラボンを含む化粧水が良い?

  • 豆乳
前へ
次へ

ニキビ肌にはイソフラボンを含む化粧水が良い?

ニキビは思春期特有の肌トラブルだと思われがちです。
しかし、最近では思春期だけでなく、成人してからもニキビに悩んでいる人は多くいます。
ニキビはホルモンバランスの乱れや食生活の乱れによって現れ、大人になるとなかなか治りにくい場合もあります。

大人ニキビの原因としてもっとも言われるのがホルモンバランスの乱れです。
人はストレスを感じると、女性ホルモンのエストロゲンが減少して男性ホルモンのテストステロンが分泌されるようになります。
男性ホルモンが多く分泌されると皮脂の分泌が増えます。
皮脂が分泌すると毛穴が開きそこに皮脂や汚れが詰まってしまうことで、ニキビの原因となるアクネ菌がそれを餌にして増殖してニキビができてしまうのです。
そこで、ニキビを抑えるためには日頃からホルモンバランスを整えることがとても重要と言えます。

ホルモンバランスを整える中でも、不足している女性ホルモンを補うためには、女性ホルモンのエストロゲンに似ているイソフラボンを摂取することが効果的です。
食事の中でも大豆食品を多く摂取することはもちろんですが、肌に直接塗布することでも効果を得ることができます。
最近は、イソフラボンを含んだ化粧水や乳液が売られています。
肌は男性ホルモンの分泌が増えると皮脂の分泌が増え毛穴が閉じてしまいます。
そこに減少している女性ホルモンが分泌すると、毛穴が開き詰まっている皮脂を出すことができ肌の汚れをきれいにすることができます。
食事でイソフラボンを摂取するだけでなく、肌にも塗布することでその効果を得るまでにかかる時間を短くし少しでも早く効果を得ることができるのです。
他にも、http://xn--eck7bvd2a5dzc1813a4ef9sa448n9e5a.com/skin.htmlにも書いてあるように、保湿効果が高いと言われているため、毛穴のつまりやニキビの解消だけでなく、潤いのある赤ちゃんのようなモチモチした肌を作ることにも役立ちます。
そして、イソフラボンにはムダ毛を薄くする効果があります。
そのため、合わせてムダ毛の気になる箇所にも塗布すれば、少しずつムダ毛を薄くする効果も得られます。
みなさんもイソフラボンで美容生活始めてみませんか。

ページのトップへ戻る